上映会について

自主上映会をお考えの方へ

今、世界では人と動物の共生、命の倫理、動物愛護の精神に関する熱は、かつてないほどの高まりを見せています。そのため、まさに今、この映画を日本で先駆けて公開し、世界に発信する意義は十分あると感じています。そこで、ぜひとも映画「アジア犬肉紀行」を皆さんの力で上映し、小さなうねりを合わせ、更なる大きな高まりを作り出しませんか。ぜひ、多くの皆さんと一緒に「アジア犬肉紀行」を広げ、そこから、日本を、世界を変えましょう。

既に、各地で自主上映会のお申し込みやご検討をいただいておりますので、ご検討中の方はお早めにご連絡いただけますと幸いです。以下は、上映会をお考えの皆さまを「上映会主催者(主催者とします)」、私たちを「『アジア犬肉紀行』上映会実行委員会(実行委員会とします)」として、上映会の流れを説明させていただきます。

<コンテンツ>
▶1.上映までの流れ
▶2.上映料について
▶3.告知・集客…集客は何といっても口コミ!
▶4.上映会の宣伝用素材
▶5.上映メディアの準備
▶6.物販について
▶7.上映会開催後の流れ
▶8.上映に関するお問い合わせについて

1.上映までの流れ

1)DVDを購入する
『アジア犬肉紀行』の自主上映会をお考えの方は、まず本サイト【DVDを購入】からDVD、またはブルーレイをお買い求めください。

2)上映会を主催する仲間を募る
自主上映会を成功させるためには、上映会開催のためのチームが必要です。「三人寄れば文殊の知恵」と言いますが、一人では解決できないことも、仲間がいれば相談できるし、乗り越えることができます。上映会の開催までにチームをつくり、楽しく企画しましょう。
上映会当日の運営には、上映会の開催経験者が仲間にいると、スムーズに開催ができます。当日は、受付や駐車場係り、会場誘導や司会・進行、撮影担当、物販担当、会計担当、なども必要となります。

3)開催日時、会場、料金、プログラムを決める
上映会の会場や人数、入場料の徴収の有無および金額は、すべて主催者の方の自由です。いつ、どこで、誰に対して上映会を開催するのかを決めましょう。
上映会の準備には、一般的に約3か月かかるので、ゆとりを持って企画しましょう。ご希望の会場が公共施設なら、市民会館、公営のギャラリー、学校等が考えられます。ただし、早めに予約しないと、予約で埋まっている場合が多いです。
上映料は自由に設定できますが、会場費もかかるので、1人当たり1,000円~2,000円程度の金額を推奨しています。

4)会場のチェックポイント…上映で失敗しないために確認すべきこと
① 音響設備の利用について
② 機材貸出について、会場に備わっているか、お借りする場合、有料か無料かなど(プレーヤー、プロジェクター、ケーブル、スクリーン、スピーカー、マイクなど)
③ 交通アクセス(公共交通機関or車。駐車場の有無など)
④ 空調設備の有無とその調整について
⑤ 前日までに余裕をもって、上映の準備段階でスピーカーとの接続、プロジェクターとプレーヤーの接続、問題なくDVD/ブルーレイで上映出来るか。万が一のことを考えながら余裕をもって準備することが大切。
⑥ 全く知らない会場を使う場合は、最低一度は下見をしておく。
⑦ 車いす対応、オスメイト(人工肛門等)対応、授乳室、託児などの配慮が求められる時代ですので、上映会主催者の判断で確認をお願いします。

【上映に関するお問合せ先】

↑ここをクリックすると、下記の担当者への問い合わせフォームに移動します。
または、『アジア犬肉紀行』上映委員会 担当 谷山 メール asiainunikukikou520@gmail.com まで

2.上映料等について

A)基本上映料

◎この映画は、私費とクラウドファンディングの善意のサポーターからの支援費により制作されています。今後のプロモーション活動の継続のために、上映主催者からのご支援のお気持ちを頂ける場合の金額です。

料金(上映実行委員会に支払う金額)は一日当たりであり、一日の上映の回数は問いません。入場料が無料・有料に関わらず、お支払いいただく上映料金は同じです。

会場の座席数 物販(※1)あり 物販なし
30席まで 20,000円 30,000円
31~50席 30,000円 40,000円
51席~上限なし 40,000円 50,000円

※1「物販」とは、「アジア犬肉紀行」のオリジナルグッズ(Tシャツ、DVD/Blu-rayなど)の販売です。以下に別途物販については説明があります。
※2 入場料は自由に設定してください。上映料との差額(収入)は会場費やスタッフへの謝金等に充ててください。

B)上映料(ご相談タイプ)

◎上映費を少しでも抑えたい!または、仲間内で企画したい、学校での上映など、広く公共の利に益する場合の上映会の場合は、こちらにご相談ください。入場者の数×500円など基本上映料免除でのお支払いを設定しています。下記の入場者数と主催者の収入例をご参照のうえ担当者にご相談ください。
入場者数 1,000円/人の場合 1,500円/人の場合 1,800円/人の場合
30人の場合 ×500円
(上映委員会への支払額15,000円)
収益総額 30,000円
(差額収入15,000円)
45,000円
(〃30,000円)
54,000円
(〃39,000円)
50人の場合 ×500円
(上映委員会への支払額25,000円)
50,000円
(差額収入 25,000円)
75,000円
(〃50,000円)
90,000円
(〃75,000円)
80人の場合 ×500円
(上映委員会への支払額40,000円)
80,000円
(差額収入40,000円)
120,000円
(〃80,000円)
144,000円
(〃104,000円)

※収益総額とお支払い額の差額は主催者の収入となり、会場費やスタッフへの謝金に充ててください。

C)カンパ制
◎仲間内で企画したい、または勉強会、及び学校での上映など、広く公共の利に益する場合の上映会の場合は、こちらにご相談ください。上記のA)基本上映料の項目でもご説明した通り、この映画には大きな後ろ盾は一切存在しません。皆様のご支援のみで成り立っている弱小プロダクションです。その事を踏まえて上映主催者様は、上映終了後、観客へ【カンパのお願い】の旨をご説明いただき、事前に用意して頂いたカンパ袋やカンパ箱へのご支援の呼び掛けをお願いいたします。【最低保証金額などは一切ございません。】

★映画制作者の派遣(トークショーなど)
ご相談を承っております。派遣となった場合、トークショー担当者人数×(交通費+講演料2万円)のご負担をお願いいたします。海外での映画にまつわるエピソード(ユーリンの犬肉祭りや韓国のボクナルの実情や、犬肉牧場の様子、犬猫保護シェルターとボランティア活動についてなど)、現地取材の様子などの生の声をお伝えいたします。また、会場との質疑応答にも応じます。日時やご希望の内容など、事前に担当までご相談ください。

3.告知・集客…集客は何といっても口コミ!

上映会を新聞やラジオ、SNSなどで紹介してもらうことも大切ですし、チラシを沢山配ることもいいのですが、何といっても一番効くのは口コミです。「この映画絶対観て欲しいから、絶対来て!」と一人ひとりを口説くことが一番有効です。チケットを販売してもいいでしょう。チラシやネットなどで宣伝したつもりでも、来てくれるとは限りません。「行きたい!」と感じていただくには、そこに感動がなければいけません。その感動は、あなたの熱意がきっかけになることがあります。
以下を参考にしてみてください!

1)協力者のリストアップ
友人・知人など、協力してくれそうな人を、できるだけリストアップして協力をお願いしてみましょう。(チラシやポスターの配布や設置、その他の宣伝、SNSでの発信など)。
開催までに、何かのイベントや集会などの集まりがあれば、現地に行き、チラシを手渡して、宣伝してもらえるか相談しましょう。

2)メディアの積極的な活用
地元メディア(新聞、情報誌、テレビ、ラジオなど)への掲載も依頼しましょう。尻込みしないでドシドシ依頼してみましょう。メディア側も情報提供を求めています。

3)ホームページなどの準備
上映会の情報を載せるWebページを用意しておくと、検討中の方がそれを観て参加を決意しやすくなります。
◎Webページのご準備(参考)
★初心者でも簡単に本格的なページを作成できるツール(Wix、ペライチなど)もあります。
★ブログ、Facebook、Instagram、LINE、Twitter、無料掲載サイト等で、案内ページとして1つアカウントを作るとアクセスも増え、相乗効果があるでしょう。Facebookではイベントページを作成することもできます。
★イベント告知サービス(こくちーず、イベントバンクなど)を利用するのもおすすめです。

4.上映会の宣伝用素材

宣伝用の配布物について

①主催者が宣伝用配布物(フライヤー)の様式をダウンロードして作成する
宣伝用配布物(フライヤー)の様式をダウンロードして、所定欄に、日時、会場・料金などの必要情報を記入、印刷してご利用ください。

【B5サイズフライヤーダウンロード】

②主催者がオリジナルの宣伝用フライヤーを作成する
主催者が宣伝用フライヤー等をオリジナルに作成したり、ウェブサイトに使ったりしたい場合、下記の素材データをご自由にお使いください。

③上映委員会に宣伝用フライヤー作成と発送を依頼する
もしも、データから媒体を作成するのが困難という場合は、当上映委員会でチラシ・ ポスター等を作成し、お送りすることができます。その場合、作成費用、送料は主催者のご負担となります。料金は以下にお示ししますので、必要に応じて担当までご相談ください。

【チラシ(B5、コート紙90kg、両面カラー、送付日数10日前後)】

1set 価格/消費税と送料込み 一枚当たり価格
500枚 8,000円 16円
1000枚 10,000円 10円
2000枚 13,000円 6.5円
5000枚 17,000円 3.4円
10000枚 20,000円 2円

※ チラシ裏面下に上映日時・会場名等をご記入出来る空スペースがあります。
※ 代金は「上映料金」と一緒にまとめて、上映会後に一括でお支払い下さい。

④宣伝用ポスター(B2)もございます。本サイト【DVDを購入】ページからお求めください。

5.上映メディアの準備

上映にはブルーレイを推奨しています。
《パソコン画面などの視聴に向いているDVD(35万画素数/560X480ピクセル)に比べて、ブルーレイ(200万画素数/1980X1080ピクセル)は大きなスクリーンや大画面に対応できる高画質です。》
上映予定日の1週間前までに、『アジア犬肉紀行』上映委員会より郵送にて、上映用メディア(ブルーレイ)をお送りします。会場で上映可能か、再生機器とのマッチングを行うことをお勧めします。

6.物販について

上映会場にて本作品のDVD等のオリジナルグッズの販売をお願いします。会場での物販が可能かどうかを事前に確認しておく必要があります。

1)物販の主な流れ
上映委員会からの品物発送と受け取り ⇒ 会場での販売 ⇒ 販売数を上映委員会に報告 ⇒ 品物の返品

2)物販の注文について
品物の注文については、上映委員会(担当:谷山) asiainunikukikou520@gmail.com までメールでお送りください。
お電話での注文は受け付けておりません。

3)品物の価格
販売価格については、以下をご参照ください。
販売価格の2割を主催者の収入とし、残りの8割を上映委員会にお支払いください。

商 品 名 上映会場販売での特別価格 備 考
本編DVD(定価4,104円 税込) 2,500円(税込)
本編Blu-ray(定価4、536円 税込)  3,500円(税込) 「Blu-ray」はブルーレイです。
オリジナル・ポスター(B6カラー) 会場での販売は事前にご相談ください。
「アジア犬肉紀行」オリジナルTシャツ
(S、M、L、2L、3L 各男性サイズ基準)
2,000円(税込) 会場での販売は事前にご相談ください。
合同会社adg-ethics過去作品/DVD
「ZONE~存在しなかった命」(2013年度作品)
「みえない汚染・飯舘村の動物たち」(2015年度作品)
いずれも
1,200円

※発送時の送料は上映委員会が負担致します。
※販売終了後には、それぞれの売れた数と金額について、代金お振込になる前に必ずご連絡ください。未販売の品物はお手数ですがご返送ください。勝手ながら送料のご負担をお願い致します。

【上映料金・物販売上金のお振込先】
①みずほ銀行 甲府支店 普通預金 口座番号:4026285 口座名:合同会社adg-ethics(エーディージーエシックス)

②ゆうちょ銀行 口座名義 合同会社adg-ethics(エーディージー エシックス)  記号 10870 番号 16897571
●他銀行からは● 【店名】〇八八 ( 読み ゼロハチハチ ) 【店番】088 【預金種目】普通預金 【口座番号】1689757

【上映に関するお問合せ先】

または、『アジア犬肉紀行』上映委員会担当 谷山 メール asiainunikukikou520@gmail.com まで

7.上映会開催後の流れ

 上映終了後は、上映メディア(DVDやブルーレイディスク)を上映委員会より貸し出している場合には、速やかにご返却の上、上映委員会に参加者数をご報告ください。 追ってご請求書(物販売上総計+上映料)を発行致します。上映委員会より請求書が届いた後、一週間以内に上映料金のお支払をお願い致します。

1)上映状況のご報告のお願い
観客数(スタッフは含まない)をご連絡ください。

2)お写真の提供について(お願い)
私たち上映委員会は、本映画の上映に関する動きをFacebook「アジア犬肉紀行」ページや、各SNSにて逐次掲載していきます。そこで、自主上映会の主催者様には、上映会の雰囲気が分かり易く伝わるお写真を3枚程度、メールに添付して送ってくださいますようお願い申し上げます。その際、ご感想もあわせて送ってくださると私どもの励みになります!

3)個人情報保護に関するお願い
ご報告の際に、個人が特定されやすい顔が写る写真となる場合は、会場のお客様にひと言写真掲載とFacebookなどSNSへの掲載についてお声をかけて許可を得てください。許可が難しい場合は、参加者の後方からの撮影、会場入り口や受付の風景、日程の書かれたチラシの設置状況などであれば雰囲気が伝わります。

8.上映に関するお問い合わせについて

↑ここをクリックすると、下記の担当者への問い合わせフォームに移動します。
または、『アジア犬肉紀行』上映委員会担当 谷山 メール asiainunikukikou520@gmail.com まで。
上映に関して気がかりな点については、ご遠慮なくお知らせください。後ほど、担当者よりご回答いたします。なお、お返事にはお時間をいただきますのでご了解願います。

【物販物のご返送先】
合同会社 adg-ethics 【エーディージー・エシックス】
〒400-0021
山梨県甲府市宮前町5-13-1-302
電話 080-6758-4939
https://www.facebook.com/asiandogs/
http://www.adg-ethics.com/